安全でおいしいオアシスO2を、全国へ宅配します。

HOME > 商品紹介 > 微酸性水

はたらく電解水!微酸性水

微酸性水電解水とは

微酸性電解水とは、食中毒原因微生物に対し殺菌効果のある機能水です。高い除菌力を持ちながら人にも環境にもやさしく安心して使うことができます。

その安全性が認められ、2002年に厚生労働省により「微酸性次亜塩素酸水」の名前で食品添加物に指定されました。一般的に使用されている他の塩素系殺菌剤と異なる優れた性質を持っているため、従来から使用されてきた次亜塩素酸ナトリウムなどに替わる新しい殺菌剤として期待されています。

微酸性電解水は水に近い性状のため洗浄後のすすぎ水として利用でき高い除菌効果を発揮します。そのため水の使用量、作業の手間を削減できる上、10〜30ppmという低い塩素濃度で使用するため排水設備への影響が低く、トリハロメタンの生成もないため環境にもやさしい機能水です。

微酸性水電解水の大きな特徴

微酸性水電解水の主な特徴

○殺菌力は次亜塩素酸イオンの80-150倍もあり、ほとんどの微生物を即効で殺菌します。
○一般細菌から食中毒菌、インフルエンザなどのウイルスや芽胞菌までほとんどの微生物に有効です。
○2002年、厚生労働省より安全性が認められ、食品添加物に指定されました。
○食品の味・色・匂い・栄養素に影響しません。
〇すすぎ不要なので余分な水を必要とせず低コストです。
○トリハロメタンを生成せず、塩素ガスも発生しないため、安心・安全です。
〇他の電解水に含まれる塩化ナトリウムを含まず、錆を促進させません。
〇紫外線に当たらない状態であれば、殺菌効果を維持したまま約一ヶ月間保存可能です。
〇飲料水ではありませんが、誤飲しても影響がなく手荒れの心配がありません。
○有効塩素濃度は10-30ppm、次亜塩素酸ナトリウムの約10分の1です。

微酸性水電解水の特徴図
お問い合わせはこちら


他の殺菌水との比較優位性

微酸性電解水はアルコールや次亜塩素酸ソーダといった他の殺菌水の欠点をほとんど解消できます。
アルコールや次亜塩素酸ソーダより広範囲の微生物に効果があり、多種多様の用途に使用可能です。 一般的に殺菌が難しいとされる「芽胞菌」まで殺菌ができ、水と同様に使用できるため、環境への影響、及び排水コストも軽減されるのです。

微酸性水電解水の比較優位性

殺菌剤の比較 微酸性電解水 次亜塩素酸ソーダ アルコール
原料 塩酸 食塩 エタノール
pH 5〜6.5 使用時8以上 -
殺菌力(菌) 強い(芽胞〇) 弱い(芽胞×) 強い(芽胞×)
殺菌力(ウイルス) 強い 弱い 弱い
消臭力 強い 自身に異臭 自身に異臭
安定性 安定 安定 揮発性
食品添加物 指定 指定 指定
塩素ガスの発生
クロロホルムの発生
臭い(異臭味) 塩素臭 アルコール臭
手荒れ 強い 強い
火災危険


お問い合わせはこちら

Q&A よくあるご質問

微酸性水についてのよくあるご質問とその回答です。

Q はたらく電解水・微酸性水って何ですか?
A 希塩酸を電気分解して殺菌効果のある、安全な水です。
Q 市販の次亜塩素酸ナトリウムとどのように違うのですか?
A 市販の次亜塩素酸ナトリウムは流通時に分解しないように苛性ソーダを添加して強アルカリ性にしてありますので、使用濃度でもpH8.5以上のアルカリ性です。 微酸性電解水は希塩酸水溶液を原料にして生成されますので生成液はpH6前後程度です。アルカリ性が強くなると殺菌効果のある成分(遊離次亜塩素酸)の比率が急激に低下します。従って、微酸性のほうが遥かに強い殺菌効果をもっています。そして低い塩素濃度で使用できるため、安全性も高くなるのです。また、次亜塩素酸ナトリウムの原液のように危険な薬品を保管したり取り扱う必要もありません。
Q どのような菌に利くのですか?
A 一般的な細菌には瞬間的に利きます。黴や酵母にはそれより幾分時間を要しますが十分殺菌力があります。一番時間を要するのは細菌芽胞です。それでも、次亜塩素酸ナトリウムに比べるとはるかに強い殺菌力を示します。
Q 大腸菌O-157やMRSA、VREなどに対してはどうですか?
A 極短い時間で殺菌できます。
Q ウイルスに対してはどうですか?
A 微酸性電解水の殺菌成分は遊離次亜塩素酸ですので、基本的にはウイルス失活効果があります。但し、個々のウイルスに対する失活力の大小はその都度試験が必要です。当然ですが人体内に浸入したものには効果はありません。ウイルスの失活効果はアルコールや過酸化水素などの塩素系以外の一般的な殺菌剤では見られません。
Q 水の有効性の確認方法は?
A 市販されているヨウ化カリデンプン紙や塩素試験紙などを使うのが最も簡便です。もう少し正しく調べたい場合は専用の比色法や滴定法があります。
Q できた微酸性電解水はどれくらい保存できますか?最適な保存方法は?
A 蓋のできる容器で直接日光を避ければ1週間程度は大丈夫です。望ましいのは不透明のプラスチック容器で暗所に保存する方法で、この方法であれば1ヵ月程度は保存できます。なお、保存した微酸性電解水をご使用する場合は念のため、試験紙で塩素濃度を確認してからご使用ください。
Q 安全性はどうですか?
A 次のように極めて安全な水です。
1.微酸性電解水は、厚生労働省が、食品添加物を希釈したものと同一であると認めた生成方法と成分の基準に合致していますので、食品を直接洗浄しても安心です。
2.肌に触れても危害を及ぼすことはありません。
3.誤って飲込んだ場合でも危害を及ぼすことはありませんが念のため水道水を飲んでください。
4.低い塩素濃度で殺菌効果があり、食品と接触した場合でも微酸性のためクロロホルム等の有害物生成による危険がなく安心してご使用できます。
5.他の殺菌剤のように、危険な薬剤を保管したり、取り扱う必要がありませんので安心です。
Q どのようなものに使えますか?
A 次のようなものの殺菌・除菌に最適です。
●食品&野菜、魚、肉等
●食器、調理器具&まな板、包丁、ふきん、 ざる、バット、ボール等
●食品機械、タンク、配管、容器
●育種用種子 また、清掃殺菌にも最適です。
●キッチン、バス、トイレ
●居室、病室、ベッド
●玩具、遊具、ペット小屋やケージ
さらに洗濯の濯ぎ水として使うと、洗濯機のカビ 防止や洗濯ものの臭いの防止にもなります。
Q どのような使い方をしたらいいでしょうか?また、そのときの注意事項を教えて下さい。
A 微酸性電解水は塩素濃度が低いため、水が汚れると効果がなくなってしまいます。できる限り、流水やシャワーの状態で使ってください。桶などを使う場合は常時新しい水を追加するようにしてください。 また、雑巾などで清拭する場合は、予め洗剤で良く洗った清浄な雑巾を使って、拭き取った後の雑巾も別の清浄な水で洗って良く絞り、微酸性電解水で濯いでください。 使う前、あるいは使用中にはヨウ化カリデンプン紙などで効果を確認してください。
お問い合わせはこちら

ページの先頭へ
 
商品紹介 ボトルドウォーター ウォーター・サーバー アクアペルトシリーズ ウォーター・サーバー アクアクレール ドリンク補助商品 ボトルバック その他の商品 ボトルバック ドリンク補助商品 ウォーター・サーバー アクアクレール ボトルドウォーター 商品紹介 ウォーター・サーバー アクアペルトシリーズ info@o2-shop.jp